価値のあるいわき市不動産の探し方

いわき市不動産が注目を集めている!!

福島県で最大の面積を誇るいわき市。平成28年の調査では人口約35万人で、東京都心まで電車で約2時間30分・高速バスで約3時間30分と利便性の良さが魅力になっています。ここでは、いわき市不動産情報をご紹介します。

いわき市の中心地は生活しやすい人気のエリア!

いわき市は、東京23区の2倍の面積を誇る全国的にも有数の都市です。特に太平洋に面した東海岸沖では、黒潮や親潮が交わる日本屈指の漁港として知られています。気温の差も比較的少なく、積雪の少ない住みやすいエリアとして注目をされています。山や海などの自然環境に恵まれており、夏は海水浴・冬はスキーやスノーボードなど、一年を通してアウトドアを楽しめます。
市内の中心駅はいわき駅で、JR常磐線や磐越東線が乗り入れています。駅周辺には、いわき市役所や合同庁舎・美術館などが集まり、市の政治・経済・文化の中心地となっています。イトーヨーカドーやイオンなどの商業施設も集積している他、磐城平城址など歴史的建造物も多数残されています。いわき市不動産の中でも、土地の価格が比較的高いエリアです。

不動産価格は上昇をしている!

2016年の調査では、福島県いわき市不動産の2つのエリアが、全国の土地価格上昇率のトップ10に入っています。金融機関も住宅取得に積極的な姿勢を見せていることも影響していると言われています。特にいわき駅周辺の平地区では、土地価格の相場は坪単価 約51万円になっており、人気があります。また四ツ倉エリアは土地価格が全国でも上昇をしている注目の地域で、坪単価は約11万円になっています。駅中心部から約1.5キロメートルの距離で利便性も良く、学校などの教育機関も揃っていることで子育て世代を中心に人気を高めています。また、古くからの住宅地も軒を並べており、地域の付き合いが残る落ち着いたエリアであることも選ばれる理由の一つになっています。

いわき市で不動産を選ぶ時のポイントは?

いわき市は、福島県の中でも浜町通りという太平洋に面した海沿いのエリアです。比較的平地が少なく、アップダウンがある地形が特徴です。海沿いの平地は繁華街も多く利便性が高い住みやすい場所と言えますが、日本では相次いで自然災害が起こっており、長く居住することを考えると、高台を選んだほうが安心して住めると言えるでしょう。また平地に比べると、高台の方が土地の値段も安い傾向にあります。その他にもいわき市不動産を購入する場合、事前に地元の不動産に住みたいエリアの地価や、街の雰囲気などを相談すると良いでしょう。いわき市不動産によっては、供給過剰で実際よりも高値が付けられているケースもあるので、複数の不動産会社に相場を見積もってもらうことも良い物件を見つけるポイントです。